DATEJUST
デイトジャスト

数あるロレックスの腕時計の中でも、抜群の知名度を誇るのが「デイトジャスト」です。ロレックス創業40周年となる1945年に誕生したデイトジャストは、完成された無駄のないデザインの腕時計で、スタンダードなドレスラインとなっています。

デイトジャストは、日付表示が0時ぴったりに切り替わる「デイトジャスト機能」をはじめとした、ロレックスの3大発明がすべて備えられているのが特徴です。今日の腕時計の基本形を確立した歴史的モデルといっても過言ではなく、年齢や性別を問わず世界中で長く愛されている、ロレックスの代表的な腕時計です。
ロレックスの発明が集約された機能性
デイトジャストの最大の特徴は、深夜0時になると日付表示が自動的に切り替わるデイトジャスト機能を搭載している点です。今でこそ多くの時計に搭載されている機能ですが、開発当時は画期的な発明として注目を集めました。日付表示が3時の位置にあるのは、時計がシャツの袖口に隠れても、袖を少し上げればすぐに確認できるためです。

また、同じくロレックスの3大発明に数えられる、高い防水機能を持つ「オイスターケース」と、自動巻き機能「パーペチュアル機構」も搭載しています。ロレックスの技術が集約された腕時計といえるでしょう。
細かな点まで進化を続けるデイトジャスト
デイトジャストは、初期モデルから現行モデルに至るまで、シンプルで文字盤が見やすいというベースは踏襲しながらマイナーチェンジを行い、機能面での進化を絶えず続けています。

1955年にはデイト表示部にサイクロップスレンズが採用され、視認性が向上されました。また、ムーブメントには独自開発のブルー・パラクロム製のヒゲゼンマイを採用。見た目の美しさに加えて、耐磁性や温度変化にも強くなっています。最近では、キャリバー3235の新世代ムーブメントが搭載されるなど、デイトジャストは常に進化し続けています。
多彩なバリエーション展開
バリエーションが多彩な点も、デイトジャストの人気の理由です。素材やベゼルのデザイン、文字盤の色などのバリエーションが豊富で、様々な組み合わせから自分好みのデザインをセレクトできます。ローマ数字やバーなどで表示されるインデックスと、ベゼルの仕様に合わせたブレスレットとバックル、さらにバーと数字の組み合わせや、文字の傾き方にも複数のラインナップがあり、その種類の豊富さがうかがえます。

多彩なバリエーションの中から、ライフスタイルに応じてモデルを見つけられるため、男女や世代、シーンを問わず使いやすい腕時計といえるでしょう。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
ベゼル素材
在庫有無
ベルトカラー
表示件数

2057

1-20件目を表示