SEIKO

セイコー

セイコーは、輸入時計の販売や時計修理を行う服部時計店として、1881年に創業した国産時計メーカーです。スイス時計に比肩する精度と品質を持つセイコーウォッチの名は、一気に世界に知れ渡りました。プレザージュやアストロンなどの代表モデルを産み出し、今では国産時計ブランドの最大手として圧倒的な知名度を誇っています。

2017年にはセイコーブランドの最上位モデルに位置していた「グランドセイコー」が独立。セイコー・グランドセイコーともに、「SEIKO」の名を冠した腕時計は幅広い層から高い支持を集めています。
国産時計の先駆け
創業140年以上の歴史を持ち、国産時計メーカーの先駆けとして知られているセイコー。ブランドの母体は、1892年に時計製造を目的として創設された「精工舎」です。1913年に国産初の腕時計「ローレル」を発表し、1924年にはセイコーブランドを立ち上げました。

1960年に、国産最高級時計を目指して誕生したグランドセイコーは、セイコーのフラッグシップモデルです。国産初のクロノグラフやワールドタイム表示付き腕時計、世界初のGPSソーラーウォッチなどを続々と発表し、誕生以来革新的な腕時計を生み続けています。
世界を震撼させたクオーツ時計の発表
1969年、セイコーは世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」を発表します。非常に高い精度を誇るクオーツ式腕時計の誕生は「クオーツショック」とも呼ばれ、世界有数のメーカーがひしめくスイスの腕時計業界を震撼させました。

クオーツ式腕時計の勢いが増す中、グランドセイコーは1990年代半ばに機械式腕時計の復活に向けて製造を再開。1998年には機械式グランドセイコーを復活させています。その後、機械式とクオーツ式の技術を融合した新ムーブメント「9Rスプリングドライブ」を開発したことでも話題になりました。現在も、その高い技術力で世界中から評価を得ています。
多彩なラインナップ
バラエティに富んだラインナップも、セイコーブランドの特徴です。日本製らしい和風テイストの「プレザージュ」や、スポーツラインである「プロスペックス」「アストロン」などは特に人気があります。
グランドセイコーは、ビジネス向けモデルの「ヘリテージコレクション」、フォーマルな「エレガンスコレクション」、耐久性抜群の「スポーツコレクション」の3タイプを軸に展開。いずれも、3つのムーブメントから好みの仕様を選択できます。

また、60周年記念モデルやマスターショップ限定モデルなど、生産数が少ないモデルも多く発売していて、腕時計愛好家から注目を集めています。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
在庫有無