A.LANGE&SOHNE
A.ランゲ&ゾーネ

パテック・フィリップやオーデマ・ピゲなどと並び、世界5大時計ブランドのひとつに数えられるランゲ&ゾーネ。5大ブランドの中では唯一、ドイツのメーカーとしても知られています。1845年の創業以後、第二次世界大戦や冷戦といった時代に翻弄されながらも、1990年には創業者のひ孫が再建し、高級腕時計ブランドとしての地位を築き上げました。

定番モデルである「ランゲ1」「サクソニア」「ダトグラフ」「ツァイトヴェルク」などが代表作です。高い技術に裏打ちされた時計作りは一流の名に相応しく、ドイツ最高峰の腕時計メーカーとして、世界中で注目されています。
ランゲ&ゾーネの歴史
ランゲ&ゾーネは、1845年、フェルディナンド・アドルフ・ランゲがドイツのグラスヒュッテに時計工房を設立したのが始まりです。アドルフの死後は息子が後継者となり、1868年に「ランゲ&ゾーネ」というブランドが誕生します。

その後、第二次世界大戦時に空襲により本社工場が全壊。大戦後は東ドイツ政府に国有化されてしまいます。しかし、4代目であるウォルター・ランゲが中心となり、ベルリンの壁崩壊で東西ドイツが再統一された1990年にブランドが復活。
1994年には代表作となるランゲ1を発表し、その後もサクソニアやダトグラフなど、さまざまなモデルを発表しています。
モノづくりへのこだわり
ランゲ&ゾーネの腕時計の魅力は、そのモノづくりへのこだわりにあります。ランゲ&ゾーネでは、多くの部品で構成されているムーブメントを円滑に動作させるために、2度組みで仕上げるのが特徴です。
1回目は仕上げを施していない部品で組み立て、動作を確認します。不具合がなければ分解後に部品を仕上げ、2度目の組み立てを行うのです。

外見からは確認できないパーツにもエングレービング(線刻)を施すなど、徹底したモノづくりへのこだわりが見て取れます。その仕上げの美しさは評価が高く、時計に詳しい方ならロゴを見なくてもランゲ&ゾーネの時計がわかるといわれるほどです。
美しい洋銀製のパーツ
通常のムーブメントは、加工しやすい真鍮が使われていますが、ランゲ&ゾーネでは真鍮よりも硬さがある洋銀を使用します。洋銀とは、銅や亜鉛、ニッケルから作られる合金で、メッキ処理を行わなくても表面が金色に輝くのが特徴です。ただし、表面加工を行わないことから組み立てが難しく、一部ブランドでしか採用されていません。

最初は銀色のムーブメントが、経年変化で金色になっていく様子を見られるのは、ランゲ&ゾーネの腕時計ならではの魅力です。新品だけでなく中古品でも、その美しさを楽しむことができます。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
在庫有無

9