OMEGA

オメガ

数ある高級腕時計ブランドの中でも、世界的に高い知名度を誇る「オメガ」。1894年に開発した高精度なムーブメント「オメガ19」が社名の由来です。ギリシャ語における最後の文字で、「究極」などを表す「Ω(オメガ)」を社名にしていることからも、腕時計に対する強いこだわりがうかがえます。

1983年には世界大手の時計製造スウォッチグループに加入し、スイス有数の時計メーカーとして存在感を放っています。その後もコーアクシャル脱進機の量産化や、高い耐磁性を誇るムーブメントの開発に成功するなど、常に進化し続けているブランドです。
創業50年でスイス最大手の時計メーカーに成長
オメガの始まりは、1848年に時計職人ルイ・ブランが創設した工房です。工房はその後、ブランの子孫によって、現在の拠点であるビエンヌへ移転されています。
時計製作といえば手作業が主流だった当時、オメガは時代に先駆けて機械を導入し効率化を実現。創業からわずか50年で、年間10万個もの時計を生産するスイス屈指の時計メーカーへと成長を遂げました。

スイス時計産業がクォーツ時計の台頭で大打撃を受けた1983年には、世界最大級の時計製造グループ「スウォッチグループ」に加入。現在に至るまで、ブランドを守り続けています。
世界で認められる優れた精度
オメガの腕時計は、高品質かつ高精度なことで世界的に知られています。高い精度が要求されるオリンピックの公式時計を、1932年のロサンゼルス大会から幾度となく担当。大会を通じて「高精度のオメガ」を世界中に知らしめました。東京2020大会でも、オメガは公式タイムキーパーを務めています。

また、その優れた精度はNASAにも評価されており、1965年にアポロ11号で月面着陸した宇宙飛行士も、オメガの「スピードマスター」を着用していました。圧倒的な信頼感を備えていて、ドレスウォッチやダイバーウォッチ、果ては宇宙開発まで、幅広いシーンで採用されているブランドです。
人気モデルも多数
オメガのコレクションは大きく4つに分かれますが、いずれも高い知名度を誇ります。オメガ創立100周年の1948年に誕生した「シーマスター」は、プロフェッショナルダイバーズウォッチとして人気を集めました。1995年には映画『007』で採用され、今では「ボンド・ウォッチ」としても有名です。

他にも、月面着陸の際に使われていた「スピードマスター」や、「デ・ヴィル」、「コンステレーション」など、人気の高いコレクションが多数展開されています。著名人とのコラボレーションモデルといった特別モデルも多く、各国の著名人にも愛用されているブランドです。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
在庫有無

403

1-20件目を表示