AIRKING
エアキング

エアキングは、ロレックスの入門モデルともいわれる「オイスターパーペチュアル」のラインナップとして、1940年代に誕生した腕時計です。ロレックスの腕時計には、「ペットネーム」と呼ばれるモデル名とは別の愛称が存在していて、エアキングも当初はペットネームのひとつでした。

オイスターパーペチュアルのマイナーチェンジにより、一度は文字盤から「Air-King」表記が消えたものの、2016年にパイロットウォッチとして復活。機能・デザインも強化され、従来のペットネームではなく独立したモデルとして生まれ変わりました。
長い歴史を誇るエアキング
防水ケース「オイスター」や、自動巻き機構「パーペチュアル」を開発したロレックスは、文字盤に様々なペットネームを記載し、多くのラインナップを生み出しました。数多くのペットネームが消えていく中で、エアキングは最古のペットネームとして今も君臨し続けています。

オイスターパーペチュアルコレクションの再編により、2014年に一時は生産終了となったものの、2016年には新生エアキングとして復活。新たなモデルでは、ドレス系からスポーツ系モデルに生まれ変わりました。シンプルなデザインと適度なサイズ感で、ビジネスシーンでも使いやすい腕時計として人気を集めています。
シンプルながら高性能な設計
エアキングのデザインは非常にシンプルです。一時期はデイト表示付きモデルも展開されていましたが、基本は時分秒針の3針に時間表記だけという、すっきりした見た目になっています。

また、2016年に復活したモデルでは、高い耐磁性を備える「ミルガウス」と同じムーブメントやオイスターケースを採用。従来の100m防水性能に耐磁性が加わり、高性能に磨きがかかりました。文字盤もバーインデックスから5分刻みのミニッツインデックスに改められ、飛行時間を目視しやすいデザインにバージョンアップされています。
ロレックスのエントリーモデルとしても人気
ロレックスの数あるコレクションの中でも、エアキングは価格が比較的控えめで、生産数も多く入手しやすいことから、エントリーモデルとして人気です。エントリーモデルながら、耐磁性能や防水性能といった高いスペックを有している点や、デイト表示がなく視認性に優れる文字盤、シンプルな操作性なども、高く評価されている理由に挙げられます。

2007年のモデルチェンジ以降は、バリエーションも豊富になりました。現行モデルである新生エアキングの登場により、エアキングを知らなかった人からも注目を集め、さらに人気が高まっています。
絞り込み項目
状態
文字盤色
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
ベゼル素材
在庫有無
表示件数

212

1-20件目を表示