ジュエリーの基礎知識

ジュエリー基礎知識

ジュエリーの魅力

ジュエリーの魅力としては、まずその歴史の長さが挙げられます。装飾品としてはもちろんのこと、質屋を含めたリサイクル業界の中で、最も歴史の長いアイテムとして現在でも流通しています。そのため取り扱うカテゴリーも多岐にわたります。また一般的に宝石と呼ばれる商材は、その歴史の長さゆえに存在し、宝石名だけでもかなりの数になります。世界共通で富の象徴という意味合いもあり、マーケットもワールドワイドになっております。ダイヤモンドを一例にあげてもマーケットは世界中に存在します。国の経済情勢であったり成熟度の差から価格差が存在しそこにマーケットが発生します。国内相場だけで売買する古物としての時代は終わりを告げ、常に海外のマーケットを意識する必要性がここ数年で急速に強まってきました。このように常に価格・価値が流動的であるため、携わる人間も常に頭をサイクルさせていかないと変化に対応できなくなってしまいます。ゴールのない作業ですがここが逆にジュエリーを含めたこの業界の魅力でしょう。

ダイヤモンドジュエリー4C

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの品質を知るための指標としてGIA(アメリカ宝石学協会)が考案したものです。

カラット【Carat】 重さ
カラー【Color】
クラリティ【Clarity】 透明度
カット【Cut】 研磨

ラウンドブリリアントカット(58面体)に対してカット評価がされるので、他のカットの場合、カットの種類しか鑑定書に記載されません。

カラット【Carat】

ダイヤモンドやその他の大抵の宝石の重量はメトリックカラットを単位として測定し、記号「ct」が用いられています。 1メトリック・カラットとは、0.002gで、1gは5ctです。通常、電子デジタル天秤を用いて1,000分の1カラット「1/1000カラット(0.001ct)」まで測定し、少数第3位を八捨九入するか、第3位まで表示します。カラットの語源は昔インドでダイヤモンドの計量に、常に大きさの一定であるケラシオン(いなご豆)の実の粒を使ったのに由来しています。
原石の大部分は1ct未満の小粒のものです。
大粒の石は大変希少です。この種の原石からブリリアントカットをするので、必然的に大きいほど、値段は高くなります。グレードなら、石は重量が大きい程、その価値は高く評価されることになります。

カラー【Color】

黄色(茶色)の色調の微妙な違いを各付け分類するのがダイヤモンドのカラー評価です。 世界的な権威であるGIA(米国宝石学協会)のシステムでは、純粋無色なものをDカラーとし、以下EFGH・・・・・・Zまで分類評価します。
尚、Zカラー以下のダイヤモンドや、ピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等のファンシーカラーと呼ばれる様々な色調を帯びたダイヤモンドは、別の分類評価をします。 ファンシーカラーは、標準的範囲の評価方法とは異なり、色の深さと鮮やかさにもとずいて評価され、色が明るく純粋なほど評価は、高くなります。
色の美観は、人それぞれ違うものですので、標準的な範囲内のいろのものでも色のもつ暖かさなどによって濃い色のものを好む人もいます。

GIA基準 グレード
D ~ F  Dが最も高いグレード 無色
G ~ J 高い品質のダイヤモンド ほぼ無色
K ~ M ほぼ無色ですので価値のあるグレード 僅かな黄色
N ~ Z K~Mに比べると価値が低いグレード 薄い黄色~黄色

クラリティ【Clarity】

クラリティとは楽器の音色が澄んでいるというような意味ですが、ダイヤモンドの場合は、 結晶形成時にとりこまれた包有物が多い程、石の透明度が下がり、輝きを損なうという意味合いを持っています。 クラリティのグレーディングは内部の特徴(inclusion:インクルージョン)と外部の特徴(blemish:ブレミッシュ)とに 分類して行われています。外部特徴はカット傷などの有無で判断します。内部特徴としてインクルーションの 大きさ・数・位置・性質・色や目立ちやすさなどを10倍率拡大という条件で観察してグレードを決定しています。 等級スケールは、熟練したグレーダーが10倍に拡大して検査しても石の内部や外部にインクルージョンや ブルミッシュ(カット後に発生したスリ傷や摩耗の痕跡)が認められないフローレスから、 肉眼でも包有物が認められるものまで、11等級に分類されています。他の要素が同じであるならば、 フローレスの石の価値が最も高くなっています。

FL Flawless 石の内外部無欠点
IF Internally Flawless 石の内部無欠点
VVS1 Very Very Slightly Imperfect 1 10倍拡大で、内包物等の発見が困難(ごくごく僅かな内包物)
VVS2 Very Very Slightly Imperfect 2
VS1 Very Slightly Imperfect 1 10倍拡大で、内包物等の発見がやや困難
(ごく僅かな内包物)
VS2 Very Slightly Imperfect 2
SI1 Slightly Imperfect 1 10倍拡大で、内包物等の発見が容易ですが、
肉眼では困難(僅かな内包物)
SI2 Slightly Imperfect 2
I1 Imperfect 1 内包物等、肉眼で容易に発見できる
I2 Imperfect 2
I3 Imperfect 3

カット【Cut】

カットはダイヤモンドの美しさに人間が関与できる唯一の要素です。一見ガラス玉のように見える原石も、 ブリリアント・カットにすると輝きが一挙に増しますが、カットのプロポーションや角度が理にかなったものでなければ、 輝きを最高度に発揮することはできません。パビリオンが浅かったり、深すぎたりする石は光がもれて、十分な輝きが得られないからです。輝きが十分に発揮される適切なカットは、外観に影響するわけですから、石の価値を決める上で大切な要素の一つとなっています。カットの評価では、プロポーション(形)の他に、フィニッシュ(仕上げ)という項目を設けて、研磨の質やファセット(研磨面)の形や配列の対称性が 優れているかどうかの程度も検査されます。ラウンド・ブリリアント・カット:丸型で、クラウン側に33、パビリオン側に25、合計58のファセットを持ったカットのことですこれがダイヤモンドの美しさを最大に引き出す形といわれています。 最も美しいダイヤモンドの評価はexcellent (EX)、そしてvery good (VG)、good (G)、Fair、Poor となります。

Excellent(エクセレント) 光学的に理想的なカット。 プロポーションおよびフィニッシュに非常に優れ、ダイヤモンドを最も美しく輝かせる。
Very Good(ベリーグッド) ハイジュエリーに使用 プロポーションおよびフィニッシュに優れ、エクセレントカットに遜色なく輝く。
Good(グッド) 通常のジュエリーに使用 プロポーションおよびフィニッシュの若干劣るカット。輝きに力がない場合がある。
Fair(フェア) 通常のジュエリーに使用 プロポーションおよびフィニッシュの若干劣るカット。輝きに力がない場合がある。
Poor(プア) Fairカットの基準を満たさないダイヤモンド これらのダイヤモンドのカットは、深すぎたり狭すぎたり、浅すぎたり広すぎたりするため、側面および底から、ほとんどの光を失ってしまう傾向にあります。

ジュエリー 素材

【18Kイエローゴールド】(表記:YG)

ごく一般的な金色のゴールドです。25%の割り金のうち、銅と銀をほぼ同じ割合で混ぜています。

【18Kホワイトゴールド】 (表記:WG)

プラチナに比べ値段が安く、また重くなりすぎないので、ボリュームのあるジュエリーには特に適しています。以前は割り金にニッケルを用いていましたが、ニッケルは金属アレルギーの原因になりやすいため、現在はパラジウムを使うのが一般的です。ジュエリーには「K18WG」と刻印が打たれます。

【18Kピンクゴールド】(表記:PG)

銀と銅の割合のうち銅を多くし、さらに微量の亜鉛を混ぜてピンク色を出したものです。肌色に近い柔らかい色合いで、最近とても人気があります。ただ、通常の18Kよりも硬く、加工の際に割れやすいため、サイズ直しなどか難しくなります。

【プラチナ】(表記:PT)

日本人には馴染みの深いプラチナ。白色の金属で白金とも呼ばれています。18金とともに装飾品として人気の高い貴金属です。融点の非常に高いプラチナは加工が難しく、存在は知られていてもほとんど注目される事が無かったようです。絶対的な採掘量が金に比べると非常に少ない(約1/50と言われています)ため1グラムあたりの価格は非常に高価です。ただ金より更に安定した金属で酸に対する腐食にも非常に強く、変色に関しては金よりも変色しにくいことから、カラーストーンを使ったジュエリーや、ダイヤモンドの輝きを引き出すには最上の素材といわれ、同時にゴールドに比べると渋みがあり落ち着いた輝きが日本人の感性にマッチします。  Pt1000が100%純度のプラチナであり、割り金が含まれる毎にPt950、Pt900、Pt850、Pt800となります。

【シルバー】(表記:SV、AG)

銀はその白い輝きから宝飾品としても広く利用されてきました。貴金属のなかでは比較的産出量も多く安価であるため、日本では特に若者向けの宝飾品として人気があります。宝飾品などとして利用する場合、純粋な銀では柔らか過ぎて傷つきやすい為、他の金属との合金の形で利用されます。広く知られている、925シルバー(スターリングシルバー)とは純度92.5%の銀が含まれた銀製品を指します。硬度的には純銀よりは硬いのですが、それでも18Kやプラチナより柔らかいため、小さい石を留めたり、細くてシンプルなデザインを作るのには不向きなため、主に太目の荒っぽいデザインで作られる事が多く、レディースでもボリュームタイプが主流です。プラチナを混ぜたプラチナシルバーや金・パラジウムを混ぜたシルバー、また色合いを変えたイエローシルバー、ピンクシルバー、グリーンシルバーなどもあります。最近ではプラチナを含ませ、変色を起こさないシルバーまで登場しております。

【ステンレススチール】(表記:SS)

時計などのブレスに使われるステンレススチール。貴金属の分類には属さないのですが最近ではジュエリーにも加工され、人気が出てきています。高品質のステンレススチールは、通常のジュエリー素材である金、シルバー、真鍮等とは異なり、大変硬質で繊細さを要求される加工が難しいためジュエリーには不向きとされていました。ステンレススチールアクセサリーはシルバーアクセサリー等とは違い変色しません。

【その他金属メッキについて】

シャネルやクリスチャン・ディオールなどのアクセサリー類などには、シルバー・ゴールド製の貴金属のジュエリーラインとは異なり、真鍮などの金属にゴールドやシルバーをメッキした製品があります。ラインストーンやパールを使用した商品や複雑なデザインの商品の中には、接着が弱く取れやすい物、破損しやすい物があります。ゴールドカラー/シルバーカラー/素材真鍮と表記されているものがこのカテゴリーに入ります。また、時計製品への金属メッキも同じく下記のように施されます。

真鍮や亜鉛と銅の合金をベースメタルとして、表面を滑らかにするために銅、輝きを得るためにパラジュームなどの金属が、最終的にゴールド、シルバー、コッパー(銅)などのメッキが施されます。

表記はPで表されます(Plate :プレート) GP(gold Plate)ゴールドのメッキを表します。 GF(gold filled)/GR(gold rolled)は金張り

ジュエリーメンテナンス

女性を美しく飾るハイジュエリー。ゴールドやプラチナ、ダイヤモンドなど、その輝きはまさに本物だけに許された特権です。 ずっと美しい輝きが保たれるよう、お手入れは欠かさずに行うことが大切です。

基本のお手入れ

メイクの後で身につける

ファンデーションや口紅などの化粧品は油性の汚れと同じで、ジュエリーの輝きが失われたり、変色、退色などの原因になります。 ヘアスプレー・香水なども同じなので、身支度が整った後、最後にジュエリーを身につけることを心がけましょう。

着用した後に

ジュエリーは繊細なつくりのものがほとんどなので、大きな汚れや変色にならないようにこまめにお手入れすることが大事です。 一日身につけたジュエリーは、一見きれいなようでも、汗やホコリで汚れています。外したら、必ず柔らかい布で表面を拭く習慣をつけましょう。 これを続けるだけで、輝きが随分と違ってきます。
(※柔らかい布は、細かい傷の付きにくい非常に柔らかな鹿革の”セーム革”が理想的です。 お手元にない場合はメガネ拭きのようなクロスもお使いいただけます)

素材別のお手入れと注意点

ゴールド・プラチナの場合

ゴールドやプラチナは、身につけていると、小さなキズがついたり、汗や汚れによって表面がくもりやすくなってしまいます。 大事なのは「外したら拭く」という基本のお手入れですが、汚れやくもりが気になってきた時に洗浄のお手入れをすると、 ジュエリーは見違えるほどに美しくなります。

※ホワイトゴールドの場合は、美しい白さを出すために表面にロジウム加工がされていることが多く、 洗浄すると表面のロジウムが取れて艶がなくなる可能性があるので、専門店に任せた方が良いです。
※石付きのジュエリーは、専用ポリッシュ(磨き粉)に弱くキズが付いたり破損してしまう可能性がございますので、専門店にご相談ください。

①専用ポリッシュ(磨き粉)を基礎化粧用のコットンにつけ、少しずつジュエリーにつけていきます。
②全体にポリッシュをつけ終えたら、柔らかい布で余分なポリッシュを落とすように磨いていきます。
③洗面器などにぬるま湯を用意し、薄めた中性洗剤と歯ブラシを使って、完全にポリッシュを落としてください。
④きれいなぬるま湯を用意しなおし、すすぎます。
⑤ティッシュで水気を取り、仕上げに柔らかい布で隅々まで拭き取ります。

歯ブラシは毛が固めのものだと細かい傷を付けてしまう可能性があるので、 柔らかい毛の小さなサイズのものがおすすめです。

シルバーの場合

シルバーは空気中の硫黄分や皮膚上の成分により、どうしても徐々に黒ずんできてしまいます。 そんな時は、市販されているシルバー専用クリーナーを使ってお手入れをすることで、買った時の状態に近い輝きを取り戻すことができます。 シルバー専用クリーナーにはクロスのみ・液体・ペーストなど、いくつか種類がありますが、 ここではオススメの液体タイプでのお手入れ手順をご説明します。漬けるだけで黒ずみがなくなりきれいになります。

※石付きのシルバージュエリーはクリーナーに弱く、キズが付いたり破損してしまう可能性がございますので、専門店にご相談ください。
※細すぎるチェーンの場合は、漬けすぎると切れてしまう可能性がありますので、漬けすぎにご注意ください。

①シルバー専用の液体クリーナーの中に、シルバージュエリーをピンセットや割り箸などでつまんで、5秒ほど浸します。 汚れがひどい時は、輝きが戻るまでクリーナーの中で少しゆすってください。
②全体にポリッシュをつけ終えたら、柔らかい布で余分なポリッシュを落とすように磨いていきます。
③5秒ほどたったら取り出します。
④水で洗い流し、柔らかい布で水分を拭き取ります。キズの少ないシルバージュエリーであれば、これだけで輝きが戻ります。
⑤黒ずみは取れても細かいキズなどで輝きが足りない場合は、研磨剤入りのシルバークロスで表面を軽く磨くとピカピカになります。

保管方法

風通しの良い場所に

ジュエリーは繊細な作りになっているので、保管するときにまとめて保管してしまうと、お互いに傷付けあったり絡まったりしてしまいます。 基本のお手入れを必ず行った後、ジュエリーボックスなどに一定の間隔をあけて保管する方法がベストです。

誕生石

1月JANUARYガーネット

硬度:7.5 石言葉「真実・友愛」

ガーネットの名前は「ざくろ」を意味するラテン語の言葉に由来しますが、色のバラエティは豊富です。

2月FEBRUARYアメジスト

硬度:7 石言葉「誠実」

紫色やライラック色、藤色の水晶で、石英のグループの中で最も価値が高い宝石。アメジストを熱処理して、シトリンという黄色の水晶をつくることもあります。また、ナチュラル・ヒーリング(自然による癒し)としても使われています。

3月MARCHアクアマリン

硬度:8 石言葉「勇敢」

海の色をしているので、この名前(アクア=水、マリン=海)になりました。19世紀には、海緑色が一番人気がありましたが、今では青色の方が高価です。どの大陸でも採れますが、とくにブラジルに高品質のものがあります。

4月APRILダイヤモンド

硬度:10 石言葉「清浄・無垢」

最も貴重な宝石で、炎のような輝きを放つことと、地球上でいちばん堅い物質であるという2つの魅力を持っています。名前はギリシャ語で「無敵」という意味のadamasに由来します。ダイアモンドの成分は炭素です。

5月MAYエメラルド

硬度:8 石言葉「幸運」

美しい緑色をしているのは、クロムとバナジウムを含んでいるからです。ほとんどの石には、フランス語で「庭」を意味する「ジャルダン」と呼ばれる細かいヒビや、鉱物のインクルージョンがあり、東名で無傷なのは最高品質の宝石だけです。

6月JUNEパール

硬度:- 石言葉「健康・富」

真珠は、アコヤガイなどのある種の貝の中にできます。貝の中に砂粒のような刺激物が入り込むと、その異物のまわりに「真珠層」と呼ばれる炭酸カルシウムが何層も分泌されます。真珠の粒はこのような整体防御反応によって形成されます。

7月JULYルビー

硬度:9 石言葉「情熱・仁愛」

よく知られているルビーは、深みのある濃い赤色ですが、含まれる化学成分によってはピンク色から紫色、茶色の色合いになります。ルビーはサファイアと同じコランダムの一種で、質のよい石はミャンマーで採れます。

8月AUGUSTペリドット

硬度:6.5 石言葉「夫婦の幸福」

著名なペリドットの産地は、紅海に浮かぶ「蛇島」と呼ばれる火山島、セベルゲットです。ギリシャ神話によれば、その島に住む危険な蛇が宝石を守り、近づくものがあれば見境なく殺してしまうといいます。

9月SEPTENBERサファイア

硬度:9 石言葉「慈愛」

サファイアといえば青色と思われがちですが、黄色、ピンク色、緑色とバラエティに富んでいます。深みのある青色をした「天国の色」サファイアは、中世の時代から聖なるものとされ、純潔の象徴として知られています。

10月OCTOBERオパール

硬度:7.5 石言葉「希望」

特に日本で好まれている宝石で、乳白色の地に虹色の輝き(遊色効果)をもつものは中でも人気が高いとされています。主な産地はオーストラリア、メキシコなど。西洋語のオパールを指す語は、ギリシャ語のopallios。

11月NOVEMBERトパーズ

硬度:8 石言葉「友情」

トパーズは、天然のものにはさまざまな色がありますが、熱処理によって人気のある色合いにかえることもできます。たとえば、ピンクトパーズは普通にたくさん採れる黄色のトパーズに放射線を当てたものです。

12月DECEMBERターコイズ

硬度:6 石言葉「成功」

メキシコの原住民は、「神の石」と呼び、宗教的な工芸品として広く用いました。中世ヨーロッパでは効き目の強いお守りとされました。現在流通している石は、中国やアメリカ南西部で採れたものがほとんどです。