MILGAUSS
ミルガウス

GMTマスターやサブマリーナ、エクスプローラーなど、プロユースの腕時計を数多く手掛けてきたロレックスが、科学者やエンジニア向けに開発した「ミルガウス」。イナズマ形の秒針が特徴的な耐磁腕時計で、携帯もパソコンも普及していない1956年に発表されました。

名前の由来は、フランス語で1,000を表す「ミル」と、磁束密度の単位「ガウス」を組み合わせたもので、その名の通り1,000ガウスもの耐磁性を誇ります。ミルガウスには複数のモデルが存在しますが、流通量が極めて少ないRef.6541は、ロレックスを代表するプレミアムモデルとなっています。
優れた耐磁性能
磁気に弱い機械式腕時計において、磁気帯びは精度を狂わせる要因です。一度磁気帯びすると自然に元に戻ることはないため、腕時計には磁気帯びを防ぐ耐磁性能が求められます。ミルガウスは、専用に設計された強磁性の合金製ケースやパーツにより、高い耐磁性を実現。一般的な機械式腕時計が、50~100ガウスほどの磁場で精度に影響を受けるとされていることからも、ミルガウスの性能の高さがうかがえます。

高い耐磁性を備えるために、ケースは二重構造を採用しているのも特徴です。サブマリーナやデイトナよりもケースが厚く、重量もわずかに重く感じられます。
個性的な文字盤のデザイン
優れた耐磁性能もさることながら、ユニークで美しい文字盤もミルガウスの特徴です。Ref.6541 や現行モデルに採用されている、ジグザグ形状の「イナズマ針」は、ミルガウスの代名詞的存在です。

また、ミルガウス誕生50周年記念モデルとして発表されたRef.116400GVは、ロレックスが独自開発したグリーンサファイア風防を採用。個性的ながら主張しすぎないデザインで人気を博しています。シーンを問わず、さまざまなシチュエーションで使いやすい点もミルガウスの魅力のひとつです。
現代社会にもマッチした腕時計
ミルガウスが誕生したのは、磁気を発する電子機器が今ほど普及しておらず、一般人が触れる機会も少ない時代です。当時の腕時計としては大きく重たいことも重なり、市場規模は小さく、1980年代後半に生産終了となっています。
しかし、携帯電話が普及した2000年代になると、各時計メーカーが磁気対策に力を注ぎ始めます。そのような中で、ミルガウスは2007年に約20年ぶりの復活を果たしたのです。リバイバルされたミルガウスは、Ref.6541同様のイナズマ針を備えていることで注目を集めました。
絞り込み項目
状態
文字盤色
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
在庫有無
表示件数

18