CARTIER
カルティエ

「宝石商の王」と称され、高級ジュエラーとして世界的に有名な「カルティエ」。ブランドの起源は、1847年に宝石細工技師ルイ・フランソワ・カルティエが創設した、パリのジュエリー工房です。

時計作りの分野では、1904年に世界初の腕時計とされる「サントス」を発表しています。宝石商として培ったデザインセンスは時計作りにも遺憾なく発揮され、サントスの他にも「タンク」や「カリブル ドゥ カルティエ」といった傑作を発表してきました。ジュエラーらしく女性からの人気が高いブランドですが、近年はメンズモデルも多く、男性からの支持も獲得しています。
腕時計業界のパイオニア
宝石や財布、ネックレスといったアイテムのイメージが強いカルティエですが、時計業界においても先駆者的な存在です。

時計といえば懐中時計だった時代、カルティエは四角い文字盤の腕時計を開発しました。1904年に、飛行士アルベルト・サントス・デュモンのために設計されたモデル「サントス」は、世界初の腕時計とされています。その後1919年には、第一次世界大戦で活躍した戦車のキャタピラーにインスパイアされた「タンク」を発表。サントス、タンクともに、現在まで続くカルティエの代表的コレクションとなっています。
デザインだけでなく実用性も魅力
ジュエリーブランドながら、シンプルで飽きにくいハイセンスなデザインが魅力のカルティエの腕時計。デザインはもちろん、実用性に優れているのも魅力です。

当初は汎用ムーブメントを使用していましたが、機能性向上のため自社製のムーブメント開発に着手。2010年には、初の自社製自動巻きムーブメントを搭載した「カリブル ドゥ カルティエ」を発表しています。その後も高い技術力をいかして、クロノグラフ搭載モデルや耐磁性に優れたモデルなど、機能性に優れたモデルも展開しています。
時計作りのパイオニアらしく、技術力に裏打ちされた実用性の高さも、男女問わず広く支持されている理由といえるでしょう。
メンズウォッチも豊富に展開
代表モデルのタンクやサントス以外にも「パシャ」、「バロンブルー」など、レディースウォッチの名作を多数発表しているカルティエ。近年は、メンズラインも含めて新作を積極的に発表し、さらに多彩なラインナップとなっています。

2010年には、初のメンズウォッチ専用コレクション「カリブル ドゥ カルティエ」が誕生。中でも2014年に発表した、スポーティーな雰囲気で300mの防水性能を誇るダイバーズウォッチ「カリブル ダイバー」は大きな注目を集めました。 レディース、メンズ問わず、幅広いラインナップからお気に入りの一本を探す楽しみができるのも、カルティエの魅力です。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
在庫有無

236

1-20件目を表示