オーデマピゲCODE 11.59 オーデマピゲCODE 11.59

CODE 11.59

2019年に、オーデマピゲの新モデルとして発表された「CODE 11.59 バイ オーデマピゲ」。

スペシャルSALE開催中
CODE 11.59のすべての在庫 16
CODE 11.59の新着商品
CODE 11.59の商品一覧
絞り込み項目
在庫有無
状態
対象
文字盤色
ケース径
ケース素材
ベルト素材
ベルトカラー
付属品
メーカー保証書登録年
ベゼル素材

16

CODE 11.59について

2019年に、オーデマピゲの新モデルとして発表された「CODE 11.59 バイ オーデマピゲ」。CODEはChallenge(挑戦)、Own(所有)、Dare(追求心)、Evolve(進化)の頭文字から取ったもので、オーデマピゲの精神を表現しています。11.59は時刻を示しており、新しい1日が始まる直前というメッセージが込められています。「創業時の信念を守りながら、新たな挑戦を止めず進化し続ける」という、ブランドの姿勢そのものを示したネーミングといえるでしょう。オーデマピゲの新定番として、高い注目を集めています。

オーデマ・ピゲ26393OR.OO.A028CR.01
伝統と革新を併せ持つデザイン
伝統と革新を併せ持った美しいデザインが、CODE 11.59の魅力です。八角形型のミドルケースやラグホールのビス留めなど、随所に施されたロイヤルオークを踏襲したデザインからは、伝統を重んじる姿勢が感じられます。
一方で、画面反射防止加工が施され、斜めから見ると波状に見える「ダブルカーブ・サファイアクリスタル風防」といった新たな技術も採用。新しい手法を取り入れながらも伝統を継承し、オーデマピゲらしさを損なわない洗練されたデザインとなっています。職人のこだわりと高い技術力が随所に折りこまれた、渾身の腕時計です。
ゲ11.59 バイ オーデマピゲ 15210CR.OO.A002CR.01
自社製造の最新のムーブメントを搭載
CODE 11.59 に搭載されているムーブメントは、2012年から基礎設計が始まっていたという最新式です。3針モデルは「キャリバー4302」を、クロノグラフモデルは「キャリバー4401」を搭載。キャリバー4401は、オーデマピゲとしては初の量産型自動巻きクロノグラフになります。

いずれのムーブメントも従来のCal.3120より高精度で、パワーリザーブも約70時間に高められるなど、今まで以上に高性能に仕上がっています。内装にも職人のこだわりや技術力がいかんなく発揮されたCODE 11.59 は、オーデマピゲの腕時計づくりに対する情熱のたまものと呼ぶにふさわしいモデルです。
オーデマピゲCODE 11.59
多彩なバリエーション
2019年の発表から間もないコレクションですが、多彩なバリエーション展開が図られている点も見逃せません。オートマティックをはじめ、トゥールビヨンやクロノグラフ、グランドソヌリ、パーペチュアルカレンダーなど、幅広いモデルが展開されています。2020年には、多層的なケース構造を活かしたバイカラーマテリアルのほかに、ブルーやパープルなどの新たなダイヤルカラーが追加されました。豊富なカラーラインナップは、ユーザーに選ぶ楽しさを与えてくれます。CODE 11.59は、今後ロイヤルオークと並ぶブランドの顔となる可能性を秘めているコレクションです。