CELLINI
チェリーニ

チェリーニは、ロレックスの中でも異彩を放つモデルです。ロレックスの腕時計は、ミルガウスやエクスプローラーなどの「プロユース向け」と、デイデイトなどの「クラシックウォッチ」の2種類に大きく分類されます。クラシックウォッチに該当するチェリーニ最大の特徴は、ロレックスの代名詞といえる「オイスターケース」を採用していない点です。ドレスウォッチとしての側面が強く、一際エレガンスなデザインとなっています。

2014年に行われたモデルチェンジではパーペチュアル(自動巻き機構)が搭載され、機能性にも磨きがかかりました。
ロレックスの中でも異質な腕時計
チェリーニは、1928年に誕生したコレクションです。その名前は、ルネッサンス期のイタリア人彫刻家「ベンベヌト・チェリーニ」に由来します。伝統的かつ洗練されたデザインは、他とは一線を画した異質なモデルとして根強い人気を誇ります。文字盤には「ギョーシェ彫り」と呼ばれる格子柄の掘り込みが行われていて、その美しさは芸術品に匹敵するほどです。

また、ロレックスの腕時計で唯一オイスターケースを搭載していないことからも、チェリーニの異質さをうかがえます。2014年以降に登場したモデルは防水性能を備えていますが、オイスターケース非搭載という点は変わらず、生活防水レベルにとどめられています。
高級感あふれるデザイン
ロレックスの腕時計の多くは素材にステンレスを使用していますが、チェリーニではデイデイトなどと同様、金やプラチナが採用されています。ほとんどのモデルが革ベルトを採用している点も特徴で、金属ブレスレットを使用したモデルは一部のみです。

また、オイスターケースを搭載していないため、厚みが抑えられたシルエットになっています。金を素材としたクラシカルな文字盤と革ベルトを組み合わせた見た目は、まさに「ドレスウォッチ」と呼ぶにふさわしい、高級感あふれるデザインです。
さまざまなラインナップ
ラインナップの豊富さも、チェリーニの魅力です。アンティークモデルには、ラウンド型ケースだけでなく、角型やレクタンギュラー型といったロレックスでは珍しい形状のモデルもあります。また、手巻きや自動巻きに加えて、クォーツを動力に採用したモデルが存在している点も特徴です。

現行モデルは「タイム」「デイト」「デュアルタイム」「ムーンフェイズ」をラインナップ。中でもムーンフェイズは、全面が放射状に装飾された文字盤と、月の満ち欠けを表示するディスプレイが個性的で、特に人気の高いモデルです。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
ベゼル素材
在庫有無
ベルトカラー
表示件数