CARRERA
カレラ

プロドライバー用のスポーツウォッチとしてデザインされ、1963年の誕生以来、モデルチェンジを繰り返してきたタグホイヤーの最上位モデルが「カレラ」です。カレラは「競争」などの意味を持つスペイン語で、メキシコのロードレース「カレラ パンアメリカーナ」をイメージして命名されました。
一時は製造が途絶えたものの、1997年に復活。2010年には、タグホイヤー初の自社製ムーブメント「キャリバー1887」を備えたモデルが登場しています。ブランドの柱として、多彩なバリエーションを展開しているコレクションです。
ブランドを象徴するフラッグシップ
誕生から1990年代まで、カレラは決してタグホイヤーの人気モデルではありませんでした。しかし、2000年代にデザインを現代風に変更したことをきっかけに、タグホイヤーの代表的コレクションへと躍進します。
2002年には、世界初となる100分の1秒単位で計測・表示が可能な機械式クロノグラフを発表。以後、カレラコレクションにはタグホイヤーの革新的なムーブメントが採用され続けています。世界のトップドライバーからの高い要求に応え続けるカレラは、今では名実ともにブランドを象徴するフラッグシップモデルといえるでしょう。
エレガントなデザイン
モータースポーツシーンにインスピレーションを受けて登場したカレラは、激しいレースの最中でも正確に読み取れるように、余分な要素を排除し、シンプルさを追求してきました。その理想を体現すべくデザインされた文字盤とインデックスは、高い視認性を誇ります。
また、現行モデルでは、オーソドックスなラウンドフォルムに優雅なラインを両立。スポーティー感を持ちながら、エレガントな雰囲気も備えているコレクションで、スーツにもカジュアルにも合わせやすいラグジュアリーなデザインになっています。
多彩なモデル展開
多くのモデルチェンジにより進化を続けてきたカレラは、デザインや機能、カラーなどのバリエーションが非常に多彩です。オーソドックスな3針モデルに加えて、クロノグラフやスケルトン仕様、トゥールビヨン、限定モデルなど、最先端の技術を駆使した幅広いラインナップが揃います。さらに、ダイヤモンドがあしらわれたラグジュアリーなモデルなど、スポーティーさと女性らしい上品さを兼ね備えたレディースラインも豊富です。
デザインやカラーだけでなく、素材も多種多様で、モデルごとにさまざまな表情を見せてくれるのも、カレラの魅力のひとつです。
絞り込み項目
状態
対象
文字盤色
ベルトタイプ
ケース素材
ベルト素材
ケース径
メーカー保証書登録年
付属品
ベゼル素材
在庫有無
ベゼルカラー
ベルトカラー
表示件数

50

1-20件目を表示